HOME > 一般薬(OTC)

一般薬(OTC)

医療用医薬品と一般用医薬品(OTC医薬品)
医師・歯科医師の処方せんや指示により使われる薬を医療用医薬品、市販の薬を一般用医薬品といいます。
医療用医薬品は、作用や使用方法などの点で医師や薬剤師などの専門家による管理が必要であり、大部分に保険が適用されています。あなたが医療機関や保険薬局で調剤を経て受け取る薬は、診察した時点でのあなたの病状にあわせて薬の種類や量、使い方等が決められており、それらの薬は医療用医薬品にあたります。医師・薬剤師の指示に従い使用しましょう。決して指示を受けずに自分の判断で使用したり、他の人に譲ったりしてはいけません。
一般用医薬品は、一般の人が薬剤師や登録販売者のアドバイスのもと薬局やドラッグストアなどで購入し、自分の判断で使用する薬のことです。市販薬、大衆薬、OTC医薬品(over-the-counter drug)などとも呼ばれています。成分の種類や含有量などの観点から、指示されている用量の範囲では比較的安全とされ、また、誰にでも使いやすいように工夫されたものなどがあります。また、効能・効果は、熱、鼻水、せき、胃痛、など症状から薬が選択できるようになっているものが多く、使用量や使用方法などをわかりやすく記載した説明書(添付文書)がついています。使用する前には必ず説明書(添付文書)を読むようにしましょう。
その他、一般用医薬品の中には「薬局製造販売医薬品」(別名「薬局製剤」)という、薬局製剤の製造販売の許可を受けた薬局でしか製造販売することができない医薬品があります。これは、メーカー医薬品とは異なり、街中のドラッグストアでは手に入らない、薬剤師が自ら製造した薬局独自の医薬品として位置付けられているものです。
これらの医薬品を使用する際には、医療用医薬品と一般用医薬品で同じ効果を表示している場合であっても、成分が異なったり、含量が異なったり、効き方や効き目が異なることがあります。医療用医薬品の効能・効果を知っているからといって、医師や薬剤師に相談せずに自分の判断で一般用医薬品の代わりに使うようなことは絶対に避けて下さい。 
最後になりますが、一般の皆さまが、体調を崩されてお困りの際には、是非、街中の『薬局』、できれば『かかりつけ薬局』の薬剤師や登録販売者に相談してみて下さい。彼らはお薬の専門家です。きっとご自分に合ったお薬や健康について適切にアドバイスして下さると思います。また、必要な場合には、あなたに合った診療科を受診するよう勧めて下さると思います。