HOME > 医薬分業Q&A

医薬分業Q&A

医薬分業Q&A



【医薬分業とは?】

医薬分業とは、医師や歯科医師の診療を受けた際に、薬の種類や量の記載された処方せんをもらって、その処方せんを「処方せん取扱」「保険薬局」「基準薬局」等の表示のある街の薬局へ持参して薬をもらう制度です。医師と薬剤師の二人の専門家によって、医薬品の使用をダブルチェックし、効きめや安全性を一層高めてより良い医療を提供することを目的としています。

【医薬分業のメリットは?】
 街の薬局では患者さんごとに薬歴を作成します。薬歴には現在服用している薬のほか、患者さんの体質、アレルギー歴や、以前起こした副作用が記入されます。この薬歴をもとに処方せん中の薬の、他の医療機関の処方せんとの飲み合わせや重複投与、量のチェックをしたり、アレルギーを起こす可能性がある薬が出されていないかなどのチェックをして、必要があれば医師に相談した後、調剤されます。このチェック機能によって安心して薬を飲めるようになります。
また、薬の内容や飲み方、注意の記載された説明書をもとに、使用方法や保管方法を含めた細かい説明を受けることができます(服薬指導)。 
寝たきりなどの患者さんの場合には、本人でなくても、ご家族が処方せんを持っていって良いですし、薬の宅配をしてもらうこともできます。病院での長い薬の待ち時間もなく、患者さんがゆっくり休むことができるようになります。

【処方せんとは?】
医師や歯科医師が診察して、治療に必要な薬の種類や、量、飲み方などを記入した用紙のことです。

【処方せんの使用期間は?】
処方せんの使用期間は健康保険法の規程により、交付日を含め4日以内です。使用期間内に処方せんを薬局に持っていき、薬を受け取ってください。

医薬分業Q&A