HOME > 特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保険指導

特定健診・特定保健指導と薬剤師
平成20年4月から、40歳~74歳の医療保険加入者(被扶養者を含む)の方を対象に新しい健診・保険指導の制度がはじまりました。
医療保険の運営主体である「保険者」(市町村国保や政府管掌健康保険など)が実施するものです。

【特定健診(特定健康診査)とは?】
 保険者から案内があります。いわゆるメタボリックシンドロームとその予備軍の人を判定するための健診です。内臓脂肪の状態を簡単に調べるために、新たに「へそ周り」の測定を行います。
(メタボリックシンドローム:内臓脂肪型肥満に「高血糖」「高血圧」「脂質異常」のうち2つ以上を併せ持つ状態)


【特定保健指導とは?】
特定保健指導は、特定健診でメタボリックシンドロームあるいはその予備軍と判定された人に対して実施されます。
特定保健指導では、専門家から、その人に応じた生活習慣改善のための具体的なアドバイスを受けることが出来ます。
医師、保健士、栄養士などの他、特定保健指導のための研修を受けた薬剤師も指導メンバーに加わります。


運動不足、不適切な食生活、喫煙などの生活習慣が続くと、いわゆるメタボ状態となり、やがて糖尿病や脳卒中などの生活習慣病を引き起こすリスクが高まります。
特定健診や特定保健指導を受けることにより、生活習慣病の予防・改善のための適切な対策をとることが出来ます。
国はこの事業により、平成27年度には平成20年度に比べ糖尿病などの生活習慣病とその予備軍を25%減少させることを目標にしています。