本調査は、現在政府で検討されております「オンライン服薬指導のルールの見直し」に対して、安全性を重視したルールを構築するための、重要な基礎資料となります。

 

日本薬剤師会では、オンライン服薬指導については、患者の医薬品へのアクセスを確保する手段の一つの選択肢として適切に運用されるべきものと認識しているところですが、一方でその推進にあたっては安全性、信頼性、有効性を確保するための方策が講じられることが必須であると考えています。

 

本調査は令和2年11月12日の日薬ニュース号外でお願いしたものですが、十分な回答が得られてないことから、回答期限を延長し、12月14日(月)まで受け付けることとなりました。

 

下記から内容をご確認いただき是非調査へご協力ください。