※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、開催の延期が決定いたしました。(令和2年7月6日)

 

 

案内・申し込みPDF

平素は薬学生実務実習生の受け入れにご協力賜り、深く感謝申し上げます。
さて、今般、下記の要領にて認定実務実習指導薬剤師の更新講習会を開催する運びとなりました。実務実習指導薬剤師の有効期間は認定証発行日から6年間となりますが、更新を希望される場合は日本薬剤師研修センターの定める更新講習会を受講した後、所定の更新申請を行なう必要があります。
当講習会は上記の更新の要件に係る日本薬剤師会研修センター主催の講習会であり、受講資格は認定取得日より5年以上経過した方のみとなります。なお、今回の更新講習会を受講できない場合でも、日本薬剤師研修センターの「e‐ラーニング」(有料)を受講することもできますが、いずれも受講されずに2年間の猶予期間を過ぎると実務実習指導薬剤師の認定は自動的に失効しますので、くれぐれも更新漏れにはご注意下さい。
下記の更新対象者で更新を希望される方は申込み用紙に必要事項をご記入の上、2020年6月26日(金)までに鹿児島県薬剤師会事務局へFAX(099-254-6129)にてお申込み下さい。

※認定取得日については日本薬剤師研修センターホームページにて各自ご確認をお願いします。
※下記の更新対象者で受講を希望しない方は、参加申込書のアンケートにてその理由をご回答ください。

1.開催日時:2020年7月12日(日) 10:00~11:00
2.場  所:鹿児島県薬剤師会館
3.更新対象者:実務実習指導薬剤師の認定日から5年以上経過した方。
(認定期限が2021年6月30日までの方)
4.主な内容:
Ⅰ.講座④:薬学教育モデル・コアカリキュラム及び薬学実務実習に関するガイドライン(約60分)
Ⅱ. 「更新申請について」

(参考)指導薬剤師更新資格
① 更新講習会を受講していること。(※平成30年にアドバンストワークショップを受講された方は不要)
② 認定期間中に、実務実習生の指導実績(勤務する施設が受入施設として実務実習生を受入れ、その実習生の指導を行った場合に限る。)が1例以上あること。
③ 現に実務に従事していること。
④ 6年間の認定期間中のいずれかの時点で3年以上病院又は薬局に勤務していること。
⑤ 更新申請直近1年以上継続的に勤務していること。

≪注意事項≫
・申込書は1名につき1枚、当日出席される方の氏名をご記入ください。
・日薬研修センターへの届出が必要なため、申込みされていない方は受講しても受講証明書を発行できません。また、原則お申込後の欠席はできませんが、万一欠席される場合は、鹿児島県薬剤師会事務局(099-257-8288)まで事前にご連絡ください。
・遅刻・早退の場合も受講証明書を発行できません。
※更新手続きは更新講習の受講証明書を含め必要書類を日本薬剤師研修センターに提出する必要があります。受講証(研修修了日が平成30年4月1日以降のものに限る。)の有効期限は3年間です。なお平成30年1月14日および6月24日に鹿児島県薬剤師会にて行われたアドバンストワークショップを受講された方は、更新講習会の受講証明の代わりに、ワークショップの修了証にて更新申請を行ってください。