鹿児島県では「鹿児島県後発医薬品安心使用協議会」を設置し、患者及び医療関係者が後発医薬品への理解を深め、安心して後発医薬品を使用することができるよう環境整備に努めているところです。
今回、その一環として、標記講習会を開催することとなりましたのでご案内申し上げます。日本ジェネリック製薬協会の方に「後発医薬品の信頼回復に向けた取り組みについて」、フォーミュラリ学会の理事であります鹿児島大学病院薬剤部教授 武田 泰生 先生に「地域フォーミュラリのあり方について」をテーマにご講演いただくことになりました。
つきましては、受講ご希望の方は、下記申込フォーム(URL・QRコード)から、令和4年2月10日(木)までにお申込みくださるようお願いいたします。

1 日  時 令和4年2月18日(金) 午後7時 ~ 午後8時30分
2 場  所 鹿児島県薬剤師会館3階ホール(鹿児島市与次郎2丁目8番15号)及びオンライン
3 定  員 会場30名、オンライン1000名
       ※定員数は、感染症拡大状況により変更となる場合もあります。また、定員を上回るご応募があった場合、オンライン受講への変更をお願いする場合がございます。
4 内  容 【講演Ⅰ】(約30分)
       「後発医薬品の信頼の回復に向けた日本ジェネリック製薬協会の取り組みについて」
        日本ジェネリック製薬協会 総務委員会  副委員長 笹谷 陽一 様
       【講演Ⅱ】(約60分)
       「医薬品適正使用にかかる地域フォーミュラリのあり方 -これからの時代に向けた取組-」
        フォーミュラリ学会 理事・鹿児島大学病院薬剤部 教授・薬剤部長 武田 泰生 先生
5 注意事項 講演内容は転載・転用禁止
6 申込方法 Webフォームより
7 その他  日本薬剤師研修センター認定講座1単位(申請中)・JPALS研修会コード46-2021-0070-101