新オレンジプランに基づく薬剤師認知症対応力向上研修会は、県内の全ての勤務薬剤師を対象としており、
認知症の方とその家族を支えるために必要な基本知識や医療と介護の連携の重要性等を理解することを目的
として平成29年度より鹿児島県からの委託事業として開催しており、本年度が2年目となります。

薬剤師には、業務を通じて認知症の疑いのある方を早期に見出し、かかりつけ医等と連携し適切に対応する

ことに加え、対象者の状況に応じた薬学的管理等を継続して適切に行うこと等を通じて地域における支援体制
の担い手となることが社会から期待されています。
今年度は、県内4カ所の地域(鹿児島市、出水市、霧島市、西之表市)にて開催いたします。受講修了者には
県知事名で修了証書が発行され、鹿児島県のホームページに掲載されます。

お申込み、詳細はこちらをご確認下さい。