用部:根茎
用途:健胃・鎮痛、耳の痛み
生薬名:石菖

説明文:
川岸や岩場などの湿地に⾃⽣している常緑多年草で、草丈は50センチ程度である。湿地であれば⽇陰でも元気に育つ。 ⽇本など東アジアに分布する植物で、岩場に⽣えるショウブに似ていることから「セキショウ」と呼ばれるようになった。 秋に、根茎を収穫し、ひげ根を取り除き天⽇⼲ししたものを生薬の⽯菖(セキショウ)といい、これを煎じて⽤いる。また⾜腰の冷えや鎮痛のため煎じたものを⼊浴剤として用いる。