学名:Punica granatum L.
科名:ミソハギ科ザクロ属
用部:①根皮/②果皮
生薬名:①石榴皮あるいは石榴根皮/②石榴果皮
用途:①条虫駆虫、下痢、止血、口内炎のうがい
②回虫駆除。下痢、止血、口内炎のうがい  
代表的な漢方薬:①石榴根湯

説明文:
6月頃に赤橙色の花をつけ、握りこぶし大くらいの実をつける。平安時代に中近東から渡来した植物で、寄生虫駆除の目的で輸入されたのが起源とされる。当時日本で使用されていた金属鏡の曇り取りのためにザクロの種を使用していたという記録もある。果実はフルーツとしても食される。 果皮は毒性が強いので内服では用いないが、煎液はうがい薬として口内のただれを治すときに用いていた。