学名:Digitalis purpurea L.

科名:オオバコ科 用部:全草

用途:不整脈・動悸などの循環器症状

その他:有毒植物

説明文:
ヨーロッパ原産の多年草。強心利尿薬として専門医が使用する医薬品の原料となるので、わが国でも栽培されている。初夏に紅紫色、鐘形の花をつけるが、美しいので一般家庭でも栽培している。素人が使用するのは大変危険なことで避けなければいけない。

薬草の詩:
別名をキツネノテブクロと言います。サフランと同じようにヨーロッ パ原産の薬草で、よく庭先に植えてあります。夏に咲く紫紅色の花はたいへん美しく、下の方から順次開花していきます。
葉に強心作用がありますが、非常に毒性が強いので一般の方は用いてはなりません。コンフリーの葉と間違えて食べ、中毒を起こした例も報告されています。(正)